MYTHOLOGY MUSEUM

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

グローリーオ~、グローリーオ~♪

もう五十年にもなります、輝く月の光と、
希望に目を輝かせた逞しい男たちの姿を見たあの夜から
きっとまたいつか彼らと会えましょう、ただし夢のなかで

わたしが花の乙女だったころ、彼らは隊伍を整えて
人里離れた谷から雄叫びをあげ、立ち上りました
彼らはアイルランドのため命を捨てる覚悟だったのです

ある者は谷間で死に、ある者は異郷で果てました
訳知り顔の人は、彼らの主義主張は失敗だったと言います
でも彼らはアイルランドを愛し、死を恐れませんでした

「栄光あれ、栄光あれ、勇ましきフェニアン団員たちに!」
 "Glory O, glory O, to the Bold Fenian men!"



アイルランド民謡『Bold Fenian Men』 The Good Folk
イギリスの支配に反対し、アイルランド共和国樹立を目指した
フェニアン団員を追悼した歌。
(歌詞:英語/アカペラ)
 




フェニアン団員…日本じゃマイナーすぎて
詳しくはよく知らないのですがヤフーの辞書では

1 フェニアン団員:在米アイルランド人の秘密結社の一員
 アイルランド共和国樹立をめざす.
2 《アイル伝説》(アイルランドを守った)フィアナ戦士団の武士

と、なっております。

現在アイルランドは独立しておりますが北部はいまだに
イギリス領(UKの一部)で完全ではありません。

| オススメ音楽紹介 | 12:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。