MYTHOLOGY MUSEUM

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『・』なのか『=』なのかそれが問題だ。

漫画を書いていると、必要に迫られて色々と調べものをする事が多くなります。今回はそんな中から、漫画に限らず創作活動をしている方全般のお役に立ちそうなマメ知識をご紹介しようと思います。

題して『外国人の名前の区切り方』!!

外国人の名前

皆さんは外国人の名前が『・』や『=』で区切られているのを見て「ん??」と思った事はありませんか。私は↑の漫画を書く時にこの問題にぶち当たりました。(笑)というのもニーチェのフルネームはフリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェですが、私が最初に参考文献として読んだ本にはフリードリヒ=ヴィルヘルム・ニーチェと表記されていたからです。おかげで一話は名前の表記を間違えてしまいました…。(単行本で修正済みです)

ではどうして間違いなのかというと、『・』と『=』の区別はスペルを見ると分かるからです。

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェのスペルは
Friedrich Wilhelm Nietzsche です。
対してジャン=ジャック・ルソーのスペルは
Jean-Jacques Rousseau です。

スペルに『-(ハイフン)』が付いた場合のみ、日本語表記では区切りが『=』になります。これさえ覚えておけばあとは簡単。創作活動で外国人風の名前を考えたい!という方も、基本的には区切りを『・』にしておけば問題ありません。逆に『=』は使いどころが難しいのでオススメしません。

『=』での区切りは同じ種類の名前を意味します。『=』は別にイコールというわけではありませんが、意味的には似ています。ジャン=ジャック・ルソーの場合、ジャンとジャックがファーストネーム、ルソーがファミリーネームです。つまりジャンもジャックも名前なのです。アメリカ人風に略すとJJさんでしょうか。ニーチェの妹エリーザベト(漫画ではエリザベート)はエリーザベト・フェルスター=ニーチェといいます。これはエリーザベトがファーストネーム、フェルスターが旦那さんのファミリーネーム、ニーチェが実家のファミリーネームです。つまり『名前・苗字=苗字』という構成です。他にはパブロ=ピカソのように、やたら長いミドルネームを省略する時にも使うようです。

テイルズを例にとってみましょう(笑)ジュード・マティス君は『名前・苗字』という構成なのでジュード『・』マティスです。対してミラ様はマクスウェルも名前なので、ミラ『=』マクスウェルとなるわけです。でもミラ様のスペルには肝心の『-(ハイフン)』がないので、この場合は本当にイコールの意味で使っていらっしゃるのかもしれません。

というわけで結論としては、基本的には『・』を使い、『=』を使う時はスペルに『-(ハイフン)』を付けるというのが正解です。以上、役に立つかどうかよく分からんけど、多分知っておいて損はない…と思う微妙なマメ知識でした!(笑)

| 雑学的な何か | 22:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。