MYTHOLOGY MUSEUM

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ハロネン前大統領じゃねーよ!

フィンランドのくらしとデザイン ― ムーミンが住む森の生活」に行ってきました!

パンフ

日本初の大規模フィンランド展が全国巡回中です。
9月1日(土)~10月8日(月・祝) 静岡市美術館
10月19日(金)~12月24日(月・祝) 長崎県美術館
2013(平成25)年1月10日(木)~3月10日(日) 兵庫県立美術館
※青森・栃木は終了。

というわけで友達誘って静岡市美術館へ!
エレベ
エレベーターが既にフィンランドのブランド・マリメッコです。オサレ感漂います。

木の家
エントランスにあった<木の家>の内部。「今さら資料撮ったってもう遅せーよ!使わねーよ!」とムーミンに文句たれつつパシャリ。

ムーミン
ドヤ顔のムーミンさん。

エントランス以外の展示室は写真NGなのですが、内部はフィンランドを代表するアーティストの作品が満載でした。風景画やカレワラ神話の挿絵、ムーミンのイラストなどの絵画からイッタラ、マリメッコ、アアルトの家具、建築などスタイリッシュなインテリアデザインの展示までありました。
サンタクロースは華麗にスルーされましたが。
デザイン展にサンタの入り込む余地はなかったと…!(笑)

そして売店でお買い物。フィンランドグッズが色々あります。結構人が多くてレジも並んだので、ここにフィンランディアの漫画置いたら結構売れるんじゃねーかとか友達と話してました(笑)
カタログ
カタログもやっぱりオサレ。北欧って田舎のイメージ(すみません)なんですけど、デザインはかなり都会的というか、アンティークなオールドイメージと違ってかなりモダンなんですよね。

念願のサーミの雑貨もゲットです。
ククサ
サーミは北欧(ラップランド)の先住民なのですが、その人達が日用品として使っているククサというマグカップの形をしたペンダント。以前雑貨屋さんで同じのを見かけたときはメイド・イン・チャイナだったので「こんな偽物誰が買うか〜!!」と無視したのですが、これはちゃんとフィンランド製で、値段からして恐らく白樺の木だと思います。紐についてる飾りはトナカイの角…かな?

文様
こちらもトナカイの角にサーミのシンボルが入ったペンダント。左から豊穣の女神、太陽、豊穣の男神です。これはハンドメイド・イン・ラップランドとちゃんと表記があり、サーミの集落であるイナリ村で作られているようです。

というわけで、ムーミンファンは勿論、北欧のインテリアやフィンランドそのものに興味がある方、なかなか日本では手に入りづらい外国のグッズが欲しい!という方は訪れてみると良いかと思います。お子様も多くて家族で楽しめる感じでしたので是非に。

あ、ちなみに今回の記事タイトルはネプ&イモトの世界番付ネタでした。(笑)

| 日常 | 04:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。