MYTHOLOGY MUSEUM

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アマテラス「え、やだちょっと何見てんのよ!」

先日の金環日食バッチリ見れました。それまで曇ってたのにちょうど金環になる頃に晴れて良かったです。せっかく観測用の眼鏡があるんだから次の天体ショーも楽しもうと思います。晴れるといいなあ。

P1020591.jpg

さてこの「日食」、アメリカでも夕日として観測出来た様ですね。時差があるので一日前の夕方でしょうか。グランドキャニオンで観測している人達の様子をテレビで見ました。グランドキャニオンはアメリカ先住民であるインディアンの聖地でもありますが、実はインディアン曰く、「日食は見てはいけないもの」だそうです。

<ローリングサンダー(轟く雷鳴)>というやたら中二的な素敵ネームのインディアンのシャーマンが言うには、日食はあらゆる魂が死んで生まれ変わる時間なので、決して外には出ず、家の中でじっとしていなければならないんだそうです。うろ覚えですが大体そんな感じ。

日食になると狼が遠吠えしたり鳥が巣に帰ったり、動物達の行動がおかしくなるといいます。専門家達はそれを「夜になったと勘違いしている」と言いますが、そうではなくて、動物達はスピリットの変化に気付いているんだそうですよ。


ネイティブ・マインド―アメリカ・インディアンの目で世界を見るネイティブ・マインド―アメリカ・インディアンの目で世界を見る
(1988/11)
北山 耕平

商品詳細を見る

| 雑学的な何か | 00:53 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。