MYTHOLOGY MUSEUM

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ナント(710年)きれいな平城京。

先日奈良に行ってきましたー!やっとだ…!(笑)

P1070187.jpg
朱雀門。

P1070205.jpg
あ、なんかこの空、幻想的でイイ感じじゃね!?とか言いながらはしゃいでたら、その後ものすごい土砂降りの雨に降られました…。しかもすぐ止むし。何でじゃ~!!

P1070209.jpg
大極殿。
朱雀門から意外と遠くて、ひたすら歩きました。中には天皇の椅子が。中国みたいですね。

時間がなくてあまり見れなかったので、後からじっくり勉強できるように平城京の全体図とか遣唐使船の内部構造が分かるようなパンフレットが欲しかったんですが、資料館やお土産屋さんを捜しても見つからず…。売ってないのか、私が気付かなかったのか…。残念です。

そういえば最近のニュースで明日香村の古墳が斉明天皇の墓だと分かったそうですね。もともと私は奈良時代よりも飛鳥時代(最近は古墳時代末期に区分されます)の方が好きなのでいつか明日香村にも足を運んでみたいです。
 ちなみに中国や朝鮮半島の古墳のように「○○の墓」という明確な記述がない日本の古墳は、誰の墓なのかよく分からないものが多いです。中国では文字を神聖なものだと考るのに対し、日本では「言霊」という単語もあるように、文字ではなく言葉に力が宿ると考えられていました。天皇の名前を文字に現す事で力が逃げてしまうのを怖れた日本人はあえて古墳に名を残さなかったのではないか、という説を何かの文献で読んだ覚えがあります。言われてみれば、なるほど日本人らしいなーと思います。

それまでヤマトと称していたこの国が「日本」という名称を使いだしたのも、ちょうどこの飛鳥・奈良あたりだそうです。太陽の元にある国なんて、なかなかしゃれてて良い名前ではないですか。誰が考えたんだろうね。

| 雑学的な何か | 12:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。