MYTHOLOGY MUSEUM

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

世界史の勉強も出来ちゃうよ。

今日は図書館に行ってオリジネームの資料用に
『英語の名前 FIRST NAME100』
『アメリカ人名おもしろ辞典』
…という本を借りてきました。
せっかくなのでテイルズキャラで調べてみたよ。




リオン

リオン
注:本でのスペルはLyon(ライアン)でした。
lion(ライオン)を意味するラテン語に基づく。
異説によれば「カラスの丘」を意味するとか。
カラス…何となくリオンに合う様な気がします。

カイル
語源はスコットランドの「chief」より。
意味は「酋長」「長」。
すげー!カイルすげー!さすがだ英雄!(笑)

マリー
聖母マリアが語源。西洋で最も有名な名前。
ギリシャ語でマリアン、ラテン語でマリア、英語でマリーとなります。
マリアンさんとマリーさんは同じ名前だったんですねえ。
ヘブライ語で「悲痛な気持ち」「反乱」や
「海」「子供への願い」を意味すると言われています。
悲痛な気持ち…マリアンとマリーにぴったりですね!
ちなみに「マリー」の愛称は「メイ」ですから
私の名前もこれになります。
…あれ?悲痛なの…?あたし。(笑)
海はメルネスっぽくて嬉しいけど。

ジェイ
注:Jasonの愛称Jayより
ギリシャ語でEason(読み方分からん)、
ヘブライ語でJoshua(ヨシュア)にあたる。
意味は「治療する者」「癒す者」。
そうか。ジェイは癒しか。
ちなみにヨシュアとは聖書によると
ユダヤの指導者モーセ(Moses=モーゼス)の後継者。
あらあら!

モーゼス

言わずと知れたヘブライ語(モーセ)…と思いきや、
どうやらエジプト語が起源らしい。
「出エジプト」かな?関係ないのかな?
名前の意味は全く不明だそうです。(爆笑)

ウィル
注:Williamの愛称Willより
語源は古代ドイツ語。
イングランドを征服したゲルマン民族
「ノルマンディー公ウィリアム」から普及。
ここ!世界史のテストに出ますよ!(笑)
意味は「鉄壁の防御」「断固たる保護者」
保護者て…!!オヤジィィィィィィィッ!!!!

エド・カーチス
この人はフルネームとも載ってたのでまとめて。
<エド>
注:Edwardの愛称より。
「繁栄」「幸福な監視人」「裕福な保護者」
グレートフェロモン!さすがです!
<カーチス>
古期フランス語より。
意味は「宮廷生活にふさわしい」「礼儀正しい」など。
………………礼儀…正しい…?

ロイド
語源はウェールズ語。ウェールズってのはイギリスの西ですね。
意味は「灰色の」とか「霧のように白い」とか…。
あれ?ロ、ロイド君…なんか暗いぞ!(汗)

ワイルダー(ゼロス)
残念ながら「ゼロス」がないので「ワイルダー」で検索。
意味は「野生の動物」(笑)微妙に合ってる様な!?
もともとワイルドアニマル(Wild animal)という言葉が縮まって
「ワイルダー」に変化したようですね。



テイルズキャラは中々に難しい名前が多くてあんまりヒットしませんでした。
アメリカ人向きの名前じゃないってことかな?
スタンとかめちゃめちゃアメリカ名前っぽいんだけどなあ。
でもレジェは割とヒットしましたね。不思議。
ちなみに「ジューダス」は有名なので省きました。

| 雑学的な何か | 00:36 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。