MYTHOLOGY MUSEUM

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

東京芸術鑑賞会?

突然ですが18世紀半ばから後半にかけての
おフランスな宮廷衣装です。(髪型は違いますよ)
大体マリー・アントワネットの時代です。

ロココドレス(クリックで拡大)

というわけで、先日東京へ美術館めぐりとお芝居を見に行ってまいりました。
今回は美術館からファッション展のお話~。

ファッション展

<目黒区美術館>
『祝祭の衣装展-ロココ時代のフランス宮廷を中心に』
マリー・アントワネットよりちょっと前の時代から、
ナポレオンの戴冠式までのおフランスな衣装が満載でした。
館内はロココな音楽を流して雰囲気を大事にしている感じです。
マネキンの演技もバッチリ決まって、男性陣はイケメン!(笑)
その中で眼鏡キャラが一人だけいたのが気になって仕方ありません。
でも頭はパンチパーマでした。(なぜにあのヅラに…)

最大の目玉はナポレオンの妻、皇后ジョゼフィーヌの大義礼服。
当たり前ですが復元ですので歴史的価値はあまりないのですが
その洗練されたドレスのデザインはまさしく一見の価値ありです。

カタログはフロントとバックの写真が両方載っている上に
刺繍のアップ写真もあり、さらにフランスの歴史と共に
当時のファッションの流行を追った年表がついているので
大変分りやすく、絵描きに良心的な作りになってます。(笑)
色々参考に出来そうです~。

<東京都庭園美術館>
『ポワレとフォルチュニィ 20世紀モードを変えた男たち』
こちらはもっと後の時代、1900年代のモダンなドレスが中心。
コルセットから解放された女性達の新しいファッションドレスは
100年も前のデザインとは思えない程スタイリッシュでオシャレです。
特にポワレのデザインは民族衣装的なデザインが多く、
その斬新な発想は秀逸ですごいと思いました。

ただこちらは作品の展示物には何の不満もないのですが
カタログの作りと順路の分り難さと展示の仕方に若干イラッときました。
服の後ろにミラーが配置されていないのでバックスタイルが見えません。
唯一期待したカタログもフロントの写真しかありませんでした。
デザインはいいから買ったけど…そんなにバックは嫌ですか!(笑)

片方の半券があると、もう片方の入館料が100円引きになるので
興味ある方は是非二つともご覧頂くのが良いかと思います。
個人的にはやっぱりロココがオススメかな。

次回はお芝居のお話を。
ちなみに山寺宏一さんの舞台(ミュージカル)を見に行きましたよ。



拍手レス>
 雀さん
レジェフェス!2ではお世話になりました~。
こちらこそ色々お話し出来て楽しかったです。
リンクもありがとうございます。サイト遊びに行かせて頂きました。
真っ先にチャバにトキメキました。(笑)ヒョオオオオ!!
レジェ絵が沢山あってがっつり萌え充電させて頂きました。
今度こちらからもリンクを貼らせていただきますね…!
あ、私のコミックスが売ってないという話はよく聞きますので
大丈夫です。(←何が)わざわざ注文して下さったのですね…!
あわわ、ありがとうございます。楽しんで頂ければ本望です。

| 日常 | 02:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。