MYTHOLOGY MUSEUM

2013年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2013年フィギュアスケート世界選手権を終えて…。

今回は少し胸くその悪い話をします(笑)。あまりこういう話をこのブログに書くのは相応しくないとは思いますが、フィギュアスケート選手をオリンピックに潜む悪意から何とか守りたいと思うが故の行動です。興味のない方はスルーして下さい。

私は自他共に認めるフィギュアスケートファンです。ギリギリ伊藤みどりさん世代といったところでしょうか。アルベールビルオリンピックシーズンのみどりさんのEXは子供ながらにまだうっすらと覚えていて、こんなに見ていてワクワクするスポーツはない!と思いました。確か傘を使った演技だったと記憶しております。(違ってたらすみません)素人ではありますがフィギュアスケートが大好きで、フィギュア観戦はもはや私の生活の一部です。

ですが先日カナダで行われた世界選手権をはじめ、バンクーバーオリンピックよりもずっとずっと前から、フィギュアスケートは競技として終わっています。ある選手が「ショート(SP)の点数が低すぎる、エッジエラーもとられた」と不満を露にするや否や、翌日のフリー(FS)でそんな事実はなかったかのような意味不明で理解不能な高得点が出ました。4回転をバンバン跳び、女子より30秒も長いプログラムをこなす男子以上の加点を貰って謎の優勝…。茶番クーバーの再来でした。カナダという国や国民自体は大好きですが、ことフィギュアスケートに関してはロシアと因縁がある以上、素直な目で見れないのが現状です。事実、カナダの世界選手権においてロシアの選手は非常に立派な演技をしましたが、点数は異様な程低く抑えられました。

現在のジャッジングシステムでは、どの国のジャッジが何点つけたのか分からない様になっています。ジャッジは何故匿名なのでしょう?審判が国籍を明かさないスポーツなど、あっていいのでしょうか。自分のジャッジングになんら恥じる事はなく、正々堂々と評価しているのなら、国籍をハッキリと明かすべきです。現状のままでは勝たせたい選手を勝たせ、嫌いな選手を下げる事がいとも簡単に出来てしまいます。来季はオリンピックシーズンです。カナダの選手はロシアから報復を受けるでしょうか?それとも…。

現在、フィギュアスケート保護連合(Figure skating Protection Union 略称:FPU) 様がフィギュアスケートの採点システム改善へ向けての行動を嘆願する署名を呼びかけております。少しでも力になれればという思いから、リンクを貼らせて頂きました。今の不可解なジャッジに疑問を持ち、また昔のようにフィギュアスケートを純粋に見て、楽しんで、応援したいとの思いに賛同される方は、企画者様のご説明を熟読した上で、御協力頂ければ幸いです。

フィギュアスケートの採点システム改善へ向けての行動を嘆願する署名

ところで私は3年前の記事で、今年世界選手権で銀メダルに輝いたカザフスタンのテン選手に対して『この子は4年後が楽しみです。日本選手の脅威的なライバルになるかも!?』と書いておりました。4年も待つ必要はなかったようです。マスコミはまさかの番狂わせ!みたいな事を言っておりますが、私はバンクーバーの頃からずっと、彼の実力を信じてました。良かったねテンちゃん…銀メダルおめでとうございます。Pチャンには失礼ですが、私の中では金メダルですよ!


フィギュアスケート 疑惑の高得点フィギュアスケート 疑惑の高得点
(2013/03/15)
猫宮 黒埜

商品詳細を見る
スポンサーサイト

| 日常 | 02:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

本家逆輸入ブーメラン!!

フィンランディア

というわけで。

「フィンランディア〜サンタ養成学校〜」のフィンランド語版が発売しました…!!!ナンテコッタイ。

P1030776.jpg

表紙はこんな感じで、タイトルのサンタ部分がなかった事になってますが(笑)洋書らしくペーパーバック仕様です。ちなみにフィンランド語は「J」の発音がヤ行になるだけで他はローマ字読みです。意味は分からないけど読むだけなら簡単ですよ!

P1030778.jpg
洋書と同じ方向で裏表紙側から開くと、ここはトップページじゃないよ!的な注意書きと漫画の読み方の説明が。

P1030782.jpg
「私のサンタになってください」は「オレ ミヌン ヨウルプッキニ」。ヨウルはクリスマス、プッキはヤギ。ヨウルプッキ(クリスマスのヤギ)はサンタクロースの事です。

あとカインのスペルが「Cain」になってますが、2巻で私が作中で表記したスペルは「Kain」です。というのもフィンランドの彫刻家であるカイン・タッペル氏のスペルが「Kain」だったからなのですが、フィンランド語版では全て「Cain」になってます。どういう事なの。

P1030785.jpg
使えそうで使えないフィンランド語講座。
「ウルヤスペルヘ…!!!」(訳:華麗なる一族)

P1030787.jpg
トゥーレ爆笑しすぎ(笑)

P1030794.jpg
このコマ、ですます口調で台詞が4行以上にならないように頑張ってるんです!みたいな事を言ってるのですが、フィンランド語では余裕で9行いってしまいます。(笑)ていうか「ですます口調」とか…日本語ならではのネタが外国人に分かるのかしら…。

P1030797.jpg
フィンランド語版で地味に一番感動したのはこのカインの手紙です。カインの手紙はフィンランド語で書かれている(という設定)なので、実際はこうなんだな…と思うと感慨深いものがあります。フォントも手書きっぽくて、とっても素敵です。


この漫画を現地のフィンランド人さん達が読んで、果たしてどう思うのかは分かりませんが(個人的にはとりあえず色々謝りたい)ファンタジー漫画だと思って読んでくれればいいなと希望します。(笑)
ありがとう、フィンランド!キートス、スオミ!

そういえば私のばあちゃんの幼稚園の先生(シスター)がフィンランド人だったというのを最近知りました。(遅っ)

| お仕事 | 12:32 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

そういえばロウソク忘れた。

14日は誕生日でした。姉上から「ケーキ送っといたよ!」と言われて楽しみに待っていたら…

P1030805.jpg

パンダが届いたぜ。
しかも姉上がちゃっかり食べにきたぜ…!

このぶりっ子ポーズがかわゆいです。ちゃんとしっぽもあるんですよ。味も甘過ぎないで美味しかったです。中身はシフォンケーキみたいでした。でも食べるととてもお見せ出来ない様な悲惨な姿になります(笑)

P1030823.jpg

右は自分で買って来たホワイトデーな感じのケーキ。ピンクって春っぽくて可愛いですね。かっこいいドイツの国旗も刺さってるし!(笑)ケーニヒスクローネのスイーツが好きなのですが、未だにメインのクローネ自体を食べた事がありません。すぐに売れきれちゃって手に入らない…(泣)



拍手レス>
 セネパンダシリーズの続きこないかなーと〜
長い事お待たせして申し訳ありませんでした&待ってて下さってありがとうございました!レジェが未だに大好きでして…相変わらずいい加減なノリですがお楽しみ頂けましたなら幸いです(^_^)

| 日常 | 01:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

セネパンダ更新しました。

もはや何年ぶりになるのかも分かりませんが、ものすごーく、ものすごぉぉぉく久々に拍手のお礼絵を更新しました!このシリーズを待ってた人がいるのかどうかも疑わしいですが、セネパンダもとうとうファイナルです。ゲームをやってない方には何のこっちゃな内容ですが(笑)気になる方は是非テイルズオブレジェンディアをプレイして、本家の感動的なストーリーをごらん下さい。キャラ崩壊おっけ!な方は拍手からどうぞ。

今までのセネパンダシリーズをまとめて見たい方はこちらのFan artメニューにまとめてあります。今さらながら何でシリーズ化したんだろう…これ…(笑)


↓↓↓それはそうとレジェでプチオンリーですと…!絶賛応援中です!


行けるかなあ…行きたいなあ…。

| 日常 | 20:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

セネパンダシリーズ4

nekomimi1.jpg

nekomimi2.jpg

nekomimi3.jpg

nekomimi4.jpg

nekomimi5.jpg

nekomimi6.jpg

nekomimi7.jpg

nekomimi8.jpg

nekomimi9.jpg

nekomimi10.jpg


| レジェンディア | 20:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。