MYTHOLOGY MUSEUM

2012年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ロンドン五輪でプチ世界史!

ロンドンオリンピックが始まったと思ったら、仕事に追われて感想を言う間もなく終わってしまいました。でもバリバリ見て応援してましたよ!というわけでまだパラリンピックもありますし、バンクーバー五輪の時にも散々カナダ語りをしてたので、今回もイギリスについて知ってる限りの役に立たない雑学を語ってみようかと思います。イギリス好きの方はお付き合い下さい。長いです(笑)

雑学1・「ユナイテッド・キングダム」と「グレート・ブリテン」何が違うの?
イギリスの正式名称は「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」といいます。
England.pngイングランド/首都ロンドン
Scotland.pngスコットランド(ケルト語でアルバ)/首都エディンバラ
Wales.pngウェールズ(ケルト語でカムリ)/首都カーディフ
saltire.png北アイルランド(ケルト語でエール)/首都ベルファスト
※北アイルランドの国旗のみ非公式。イングランドが勝手につけたもの。

これら4つの連合王国を総称してユナイテッド・キングダム(UK)といい、日本では通称「イギリス」と呼ばれます。イギリス=イングランドではありません。

そしてそれぞれの国旗を組み合わせて出来たのが
UnitedKingdom.pngご存知のユニオンジャック。

見て分かる通りウェールズはバッチリ省かれました!(笑)
省かれた理由は色々ありますが、一番はあのドラゴンをどこに配置したらいいのか分からなかったからじゃないでしょうか。(笑)個人的にはユニオンジャックの下半分をせめて緑にしてあげたら?と思ったけどやっぱりデザイン的にイマイチですね…。

地図にするとこう
gbr.jpg
赤で塗った部分が連合王国です。右が大ブリテン(グレートブリテン)島、左がアイルランド島、真ん中の小さいのがマン島。北アイルランドがどうして連合王国なのかは簡単に言うと北がプロテスタント、南がカトリックという宗派の違いとか色々です。

ちなみにサッカーW杯では連合王国はそれぞれ独立して出場します。なのでサッカーの試合時に使用する国旗はユニオンジャックではありません。対してオリンピックではグレートブリテン(略称GBR)として出場しています。今回のオリンピックは開催国でしたので無理矢理(?)イギリス代表として初めて連合王国統一のサッカーチームが結成されましたが、スコットランドと北アイルランドは結局不参加でした。

というわけで、一般的にユナイテッド・キングダムとグレート・ブリテンの違いは
ユナイテッド・キングダム→4カ国を含む連合王国
グレート・ブリテン→北アイルランドを省いたイングランド、スコットランド、ウェールズの3カ国

という風に区別されるわけです。

ところが。

前述した通りオリンピックではイギリスはグレート・ブリテンとして出場しています。開会式の選手入場画面を見ても、「グレート・ブリテン」だけで「北アイルランド」の表記がありません。しかし聖火リレーが北アイルランドまで行った事を考えると、北アイルランドの選手もここに含まれていると思うのですが…。何だか北アイルランドだけ勝手に省かれてる感じがして可哀想な気がします。別に北アイルランド人が気にしていらっしゃらないならそれでいいのですが。

開会式ではアイルランドの選手入場時にひときわ会場の歓声が上がったのも印象的でした。



雑学2・「イングランド」の語源
これは以前になでしこが活躍したドイツW杯の時に書いたものをこちらに転載します。
<↓以下転載>
よくRPGなんかで、なんちゃらサクス、またはサックスと名のついた剣が出てきますが、この意味をご存知でしょうか。サクスとは「刀」を意味する言葉で、その語源はドイツのザクセン地方に由来します。昔はザクセンに住んでいた人々をサクソン人と呼んでいたのですが、サクソンとは「刀を持つ者」という意味であり、彼らはイングランドに侵攻したゲルマン民族の一派でもありました。サクソン人の持っていた短剣を、一般的にスクラマサクスといいます。

一方、ドイツのお隣、デンマークとの国境付近にあるアンゲルン地方にはアングル人が住んでいました。アングル人もまたイングランドに侵攻したゲルマン民族ですので、サクソン人と総称してアングロ・サクソンと呼ばれます。(実際にはもっと多くのゲルマン民族が大移動したのですが、ややこしいので割愛)昔、古代ローマ帝国の支配下にあったイングランドはブリタニアという地名でしたが、アングロ・サクソンに侵略された為、アングルの土地という意味の「アンゲルスランド」が訛って「イングラランド」、そして最終的に「イングランド」となったそうです。


グレートブリテン周辺には昔からケルト文化を持った民族が住んでおり、言語もケルト語だったのですが、この後北方の海賊ヴァイキングがイングランドに介入したり何だりで、イングランドだけが他と違ってゲルマン系の民族となりました。イングランドではケルト語が廃れてしまったのに対し、他の連合3国では今でもケルト語を使っています。
スポンサーサイト

| 雑学的な何か | 17:03 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夏バテと闘ってます。

暑くて仕事したくないです(笑)そろそろ夏休み終わるのに宿題出来てない!な状況は脱しましたが、例え単行本作業がなくても私はいつもそんな感じなのでした。だらだら生活大好き。

というわけで(?)アヴァルス9月号発売中です。ちょっと今回お盆の関係で早めに発売してたのですが今さらの宣伝になってしまいました。別にロンドン五輪に気をとられていたわけでは…あるけど!

COMIC avarus (コミック アヴァルス) 2012年 09月号 [雑誌]COMIC avarus (コミック アヴァルス) 2012年 09月号 [雑誌]
(2012/08/11)
不明

商品詳細を見る

今回は文化祭の話。作中では10月になりました。雑誌だと現実より若干早めの季節感で話が進みますが、2巻は来月発売なので、単行本が出る頃には季節がちょうど良い感じになるはずです。

| お仕事 | 13:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。