MYTHOLOGY MUSEUM

2009年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

乙女ゲーというのはこの際忘れるといい。

動画探してたら遅くなりました!宣伝ですぜ。

プリンセスナイトメア(2) (BLADE COMICS)プリンセスナイトメア(2) (BLADE COMICS)
(2009/07/10)
花梨エンターテイメント野口 芽衣

商品詳細を見る

2巻で終わります。良かったら読んで下さいませ。
WonderGOO さんで買うとオマケでポスカが付きます。
…と思ったけど在庫がないみたいです。
あれ?…発売…してるよな…?(笑)誰か見た人手ぇ挙げて!
とりあえず最寄りの店舗でご確認下されば幸いです。

ちなみに例の「行くぞよ事件」はこの巻に収録されてます。
暇な人は探してみるといいよ…!(笑)

以下は補足です。漫画だと曲が流せないので。
聴いてから漫画読むといいかもしれません。ではドゾ。


ベートーベンピアノソナタ『月光 第3楽章』

第1楽章があまりにも有名すぎて若干空気になってる第3楽章。
でも王子にピッタリだ!と思ったので使ってみました。
この曲大好きなんですが、作画中に聴くと追いつめられて焦る。

新聖歌 258番より
『墨よりも黒き心なれど』(原題『At the Cross』)
エレミヤ書6-16 「その道を歩め、さらば安らきをえん」


実は明るい曲なのでした。ていうかアレンジ明るすぎだよ!
これに1巻1話の1ページ目の歌詞に合わせて歌うと、
日本語版の出来上がりです。さあ、歌ってみよう。(笑)

『Alas! and Did My Saviour Bleed?』

オマケ。「墨よりも~」と全く同じ歌詞ですが、曲が違います。
個人的にはこっちの方が好みです。コーラス綺麗ですね!

| お仕事 | 15:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1万7000人の『キラッ☆』

菅野よう子の「超時空七夕ソニック」に行ってきました~!
以下ライブレポです。長いので興味ある方だけどうぞ。

P1050054.jpg

P1050262.jpg

<出演>(敬称略)
菅野よう子
山根麻以 / シートベルツ
May’n / 中島愛
坂本真綾 / ORIGA
Scott Matthew / Steve Conte
ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団



結論から言うと、予想以上でした。
なんか、これ…なんか…すごかった。
(小学生以下の感想)

最初に各年代ごとにアニメ映像が流れだして、
既にこの時点でテンション最高潮だった私。(笑)
ドキドキしながらアーティストの登場を待っていると
歌姫5人が初っぱなから「トルキア(攻殻)」を
歌いながら登場。まさかこの曲がオープニングに来るとは
思ってませんでした。トルキアかなり好きです。
そしてヒヨコの足跡型のステージの下から菅野さん登場。
赤いコートに赤いピアノでノリノリの菅野さん、かわいすぎです。

オープニングが終わってお馴染みの曲がどんどん続きました。
「ライオン」のテンションがすごかった…ような…(笑)
妖精図鑑やアルジュナなど、割とマニアな曲もやりました。
と言っても1、2曲程度でしたが「地球共鳴」が聴けたので
私はもう満足です。あと個人的にORIGAが大好きなので
生で聴けて感動しました。あの声すごい。

印象的だったのはエスカの「約束はいらない」。
途中で菅野さんがピアノから離れてダッシュでステージ奥に
行ったので、何事かと思ったら後ろのカーテンが開いて
ワルシャワフィルが登場。そのまま指揮をする菅野さん。

ダッシュする指揮者初めて見たよ!

ちなみにステージはこんな感じでした。
ライブ

すいません…精一杯のタブ描きです…。(なんも伝わらねえ…)


会場のテンション最高潮だったのは多分マクロスF。
さいたまスーパーアリーナ、1万7000人入ってたみたいですが
みんなで『キラッ☆』をやりました。なん…だろう、あの空間。
私もやりました。超楽しかった。
ちなみに『一万年と二千年前からあーいーしーてーるー』は、
AKINOさんが不在の為、May’nちゃんとコーラス隊と
会場の皆で熱唱しました。(笑)

後半はビバップとオーケストラがメインな感じでした。
「Tank!」のソロパートはCDに収録されてるのとは
違う感じでライブ版もまたえらくかっこよかったです。
そして最終回の曲に泣けました。ス…スパイクの映像が…っ。

オケも色々な楽曲を演奏しましたが、やっぱりエスカフローネが
メインで一番すごかったです。コーラス隊による例の
「エスカッ」「フローネッ」がやばすぎて鳥肌ものでした。
立ったままオーケストラを聴いたのは初めてですが。(笑)
(ライブ→オケ→ライブの連続で座るタイミングがなかった)
あと菅野さんが裸足でした。裸足の指揮者も初めて見た。

最後は菅野さん自身による歌で(Gabriela Robinですか)
オーケストラをバックに壮大な「moon」(ターンA)で
幕を閉じました。いや、もう感動しすぎてお腹いっぱい。
唯一の心残りは開場した時点でグッズが既に売り切れてしまい
パンフすら買えなかった事ですか。
せめてパンフくらいはもっと多めに作っといてよ~!(泣)
い…いいんだ…この感動はしかと脳に焼き付けておいたから…!
DVD出たら買います。出る…といいなあ。

今回はライブメインだったので個人的にはオーケストラだけの
コンサートもやってくれたらいいなと思いました。
なんかもっとこう、サントラはじっくり聴きたい派です。
とりあえず次はゲームコンサートが待ってます!
楽しみだー!行くぞレジェー!
(とか言いつつ大神で泣きそうな予感)

| 日常 | 23:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

私の知識は受験には出ません。

最近は図書館に通ってはお勉強な日々が続いております。
まるで受験生の気分です。
気付くと本開いたまま寝てますが。(←駄目な例)

そういえばちょっと前に『ルーマニア賛歌』という本を
借りて、返却期限がきたので貸し出し延長しようと思ったら
予約者が二人もついてて駄目でした。
私の他にマニアックな人が、少なくとも若干2名は
同じ市内に居る事が判明。(笑)
ルーマニアなんて…何に使うのさ…旅行…?

それにしても図書館は結構掘り出し物も多いです。
最近いいな、と思ったのはこれ。↓

キャッスル―古城の秘められた歴史をさぐるキャッスル―古城の秘められた歴史をさぐる
(1980/03)
デビッド・マコーレイ

商品詳細を見る

レビューがついてないんだけど(笑)個人的に参考になりました。
内容は中・高校生向けの絵本で、ある架空の中世ヨーロッパの
国を舞台に城の建築を任された大工(主人公)がどのようにして
築城していくかをイラストを使って解説していく物語。
土台作りから外壁の砦の作り方、城の内部構造まで
全部理由があってそういう作りになっている、というのが
大変分かりやすく描かれてます。
城を描く気がある人は一度読んでみると良いかと。
ただ戦に備えた作りになっているので、現在のヨーロッパで
ホテルなんかに使われてる壮大な城とは違うので注意。
RPGみたいなのが描きたい人には良いと思います。

あ、そうだ。今月10日にコミックス2巻出ます。
城が出てくるので良かったら読んでね。(笑)
また後日宣伝します。


ちなみに例のマニアックな本はこれです。
ルーマニア賛歌―Europe of Europeルーマニア賛歌―Europe of Europe
(2002/04)
みや こうせい

商品詳細を見る

『ルーマニア』とは『ローマ人の国』という意味。
スペルを見ると、確かにROMA(ローマ)NIAになってますね。



拍手レス>
 天地さん
ですよね!!前髪難しいですよね!!
毛先が閉じてないとイラッとくるので、もう最初から
はみ出すつもりで描いて、先端が×になってしまった
毛先は修正液で消してます。もうほんと嫌いです。(笑)

| オススメ(その他) | 14:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ワールド・ワイド・エスニック

アラビアン

引き出しを整頓していたらサウジアラビアの資料が出て来て、
民族衣装が激萌えだったので思わず描いてしまった落書き。

そういえば最近友人に
「メイは鉛筆書きが一番いい。ペン入れると絵が劣化する」
と言われました。す…鋭いな!
どうしてもペンは緊張しすぎて線が固くなるというか。
髪の毛とか大嫌いで、いちいち雲形定規当ててなぞったりして。
前髪の毛先とか絶対合わないんだけど。むかつくんだけど。
髪の毛が上手に描ける人は何なの?神なの?
神なんだな!じゃあ仕方ないや!(逃げ)

ちなみに最近の私の口癖は
「ちょっとくらい漫画が書けるからって
 絵も描けると思ったら大間違いなんだからね!!」です。
イラストレーターの人とか、絵だけで人を魅了させるってのが
もうマジで神だと思うよ。
たった一枚の紙で世界を表現しろだなんて、
私には絶対無理です。せめて30Pちょうだい。(笑)

ところで話はサウジアラビアに戻りますが、
アラブのセレブは日本製の服を着てるんだそうで。
私なんか日本人なのに着てる服はメイド・イン・チャイナですが何か。
世界はこんなに広いのに色んなところで繋がってるもんなんですねー。
不謹慎ですが、例のインフルエンザの時も世界の繋がりを感じましたよ。
例え外国の事だって、きっと無関係な事なんて何一つないんだねぇ。

| 日常 | 18:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |