MYTHOLOGY MUSEUM

2009年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

本日のuni第二弾。

な、なんか続いたぞ、このシリーズ。(笑)

IMG_5617.jpg

そんなわけで本日のuniお買い物レビュー。左から順にGO!

<KURU TOGA (クルトガハイグレードタイプ)>
細い線を描くならこれだろう、と思って買ってみました。
クルトガの0.3シャープペンシル。
最近TVでも紹介されて、どこへ行っても売り切れ続出の人気商品です。
書きながら回転軸が回り続けるので、芯が斜めにすり減る事なく
常に尖った状態で使えるという優れもの。
従来のシリーズは450円とお値段もお手頃だったのですが
こちらは3月20日に発売したばかりのハイグレードタイプになります。
お値段なんと1050円!倍だよ!!
(別に前ので良かったのに売ってなかったんだ…)
肝心の使い心地ですが、今まで0.3を使った事がないので
比較が出来ません。(笑)線は細いと思う。(当たり前)
確かに常に一定の線が引けていると思いますが、
回転させる為に軸が固定されていないので筆圧が強いと
書く度に軸が若干へこみます。ペン先が修正液みたいな感じです。
口金のネジが常にゆるい感覚で、慣れないとちょっと気持ち悪いかも?

そんなわけで、個人的にはやっぱり450円でいい。


<mirino (ミリノ)>
残芯1mmまで使えるという実に経済的なシャープペンシル。
お値段も315円と、お手頃な価格で懐に優しい粋な奴。
これ私の中ではかなりいいです。uniアルファゲルの次にオススメ。
残芯●mm、というシャーペンは他のメーカーからも出てます。
それこそ105円とかでこれよりも安く。
だけどやっぱり使い心地が全く違います。
105円の物は大抵後に控えている芯を押し出して使うタイプ
なのですが、ミリノはちゃんと最後まで芯をキャッチして
くれるので、芯そのものが緩まずに書きやすい。
そして何よりも全体の重量感がちょうどいいのです。
私は軸が重たい方が書きやすいので(軽いと安定しない)
100円のシャーペンだとプラスチックの本体が軽すぎて
何だか手に馴染まないんですね。これは好みの問題ですが…。

ちなみに、私はこの中に「uniカラー芯」を入れてます。
あまり文具屋さんで取り扱ってない上に値段も高いアレ。
いつも残芯1.5cmは残ってしまって勿体ないと思いながらも
捨てなくてはならなかったミントブルーのシャー芯がこれで
やっと浮かばれます。今までの仇をとってやるぜぃ!


<Nano Dia (ナノダイヤ)>
0.3のBのシャープ替芯です。
前にも少し触れましたが、芯一本に4億個のナノダイヤを
配合して摩擦を少なくする事により描き味を滑らかにする
という何だかリッチなシャー芯。
元々クルトガにデフォルトで入っているのは
これだと思うので、まだ開けてませんが…

Hi-uniとどこが違うのかよく分からなかったぜ!

ただ、ケースがとってもカッコイイです。
多分ダイヤをイメージしてるんだと思いますが、
ちょっと変わった形のケースの中に入ってますよ。
触ってると、ちょっと、楽しい。(←私だけか?)
スポンサーサイト

| オススメ(その他) | 13:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「ああ無情」って和訳すごいよね。

昨日突然思い立って、今日病院に行って来たのですが
その場のノリと勢いで来月手術する事になりました。
「手術いっちゃう?」的な、何だろう、この軽さ…!(笑)
あ、悪い病気とかではないので大丈夫です。
でも費用が痛いです。

それはさておき、舞台のお話。

P1040451.jpg

レ・ミゼラブルを見に行きましたよ!

<出演陣>(日程によって役者が変わります)
ジャン・バルジャン 別所 哲也
ジャベール 阿部 裕
エボニーヌ 坂本 真綾

他出演陣はこちら。(↓クリックで拡大)
P1040449.jpg

以前見に行った山寺さんの「作せか」が歌と台詞が別々で構成された
映画でいうと「シカゴ」やディズニーアニメ的な作品だったのに対し、
こちらは台詞も全て歌で表現する「オペラ座の怪人」的な
オペラ調(?)の生オーケストラミュージカルです。

なんか中央でゴソゴソ動いてる人がいんな~気ぃ散るわ~と思ってたら
思いっきり指揮者の腕でした。すみません。(笑)

中日劇場は初めてでしたが、舞台がクルクル回って面白かったです。
とにかく光と影の演出が秀逸。小道具や衣装も本格的で
美術スタッフの熱意がすごく伝わってきました。
そして何と言っても役者さんの歌と演技が臨場感たっぷりでした。
やっぱ生っていいですね!
お目当てはもちろん坂本真綾さま。生歌初めて聴きました。
いつものポップな歌い方と違って、もうちょっとビブラートが
きいた歌唱だったのですが(でもそんなにソプラノっぽくもない)
元々声質がクリアでかわいいので、とても聞きやすかったです。

つうか、かわいいな!(二度目)

でも物語後半、少年がバリケードの向こうへカバンを投げる
シーンがあったのですが…惜しくも届かず…。
これってNGだったのでしょうか。気になります。
ほんとはどうなの!?届くの!?(笑)
それにしてもこの少年がまた、かなり私のツボキャラでしたよ。
や、別に、ショタだからとかじゃなくてですね!!
この子の歌が良かったんですよ。

…ショタじゃないよ!(二度目)

CDを買おうかどうしようか悩みつつ、今回は見送ってみました。
うーん、どうしよう。フランス語版もいいなあ…。

CDといえばここ3週間足らずでCDが一気に16枚増えました。
(内12枚は貰い物です)
もううちのCDラックのHPはゼロです。(笑)
新しいラックが欲しいよ!(置く場所ねーよ!)

| 日常 | 16:48 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。