MYTHOLOGY MUSEUM

2008年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

音楽は元気の源パート2!

『レ・フレール(LesFreres)』のコンサートに行ってきました~。

P1020853.jpg

知らない方の為に一応説明しますと、『レ・フレール』とは
ピアノ一台に対して4本の腕で連弾する「キャトルマンスタイル」が
特徴のピアノデュオ兄弟の事です。基本ジャンルはブギ・ウギ。
私は最近この二人にハマった口で(前から知ってはいましたが)
仕事中毎日のように聴きこんでおります。
ピアノってすごい楽器ですよね。表現力の幅が半端ないと思います。

ちなみにピアノの愛称はダニー君。
通常のグランドピアノよりも低域の鍵盤が多いのが特徴です。
性格は恥ずかしがり屋さん。(何設定なんだ)

ブギ・ウギは基本即興演奏なので生演奏はCD版と違う所もあって
すごく聴きごたえがありました。飛び交う手拍子にノリノリの兄弟。
大声でシャウトしまくり歌い続けるダニー君。

そして


弦が切れた。(爆笑)


ついにダニー君のHPが0に!!

演奏中にいきなりバチンッと音を立てて飛び跳ねた弦を見た時は
さすがにビビりました。(笑)何が起きたの?みたいな。
グランドピアノの弦が切れるのを見たのは初めてです。
しかも切れたのは太い弦の方。

ていうか普通ないよね。

回復役(調律師)が手当をしたものの、
復活するのに15分を費やしました。
その間何とか場をつなごうと喋り続ける兄弟。
しかし見てるこっちが可哀想になるくらい口下手で。
でもそこがまた良かったりする。(笑)
ダニー君に「ごめんなさい」と謝る兄弟が可愛かったです。

そういう貴重なトラブルを見れた事も含めて
とっても素敵なコンサートでした。
アンコールは3回もやって下さって
即興でブギウギ版「富士山」も演奏。(静岡だから?)
ピアノの演奏技術が高いのはもちろんですが、
この兄弟が作る音楽は本当に良い曲が多いんです。
まだ全国ツアーの最中ですので、
興味ある方は是非聴いてみて下さいね!

↓でもって今回のオススメの一枚はこれ~!

Anime de Quatre-Mains-アニメ・ド・キャトルマン-Anime de Quatre-Mains-アニメ・ド・キャトルマン-
(2006/09/06)
Les Freres

商品詳細を見る

ALLアニソンカバー曲の『アニメ・ド・キャトルマン』。
私がレ・フレールにハマったきっかけでもあります。
ディズニーから世界名作劇場、ジブリ、ルパンなど色々。
特にオススメは「もののけ姫」です。アレンジが斬新でかっこいい!

オリジナルのアルバムは2枚まで発売中なのですが(インディーズ除く)
1stアルバムの「ピアノ・ブレイカー」は明るく楽しい曲が多くて
ノリノリのブギ・ウギ・スタイルやジャズが好きな人にオススメ。
2ndアルバムの「ピアノ・ピトレスク」は音楽に物語性があって
ゲームのサントラみたいなのが好きな人にオススメです。

↓最後に例の「もののけ姫」がちょっとだけ聴けるので貼っておきます。
 レフレ布教中~!! 



…こりゃピアノも壊れて当然だわ。(笑)

| オススメ音楽紹介 | 12:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

落書きなんてしてる場合じゃないけれど。

告知

こういう漫画を描きました。(アバウト)
間違ってはいない…と思うよ…。


COMIC BLADE avarus (コミックブレイド アヴァルス) 2008年 12月号 [雑誌]COMIC BLADE avarus (コミックブレイド アヴァルス) 2008年 12月号 [雑誌]
(2008/11/15)
不明

商品詳細を見る

そんなわけで雑誌の方に一話が掲載されております。
続きはALL描き下ろしで単行本が出るんだそうな。
死にそう。頑張ります。全力で。

内容は同タイトルの乙女ゲーが原作となっておりますが
一話にしていきなりゲーム中盤から話が始まっている上に
ほぼ9割が私のオリジナル構成になっております。
(よくリテイクがこなかったな…と今でも思うミステリー)
ゲームをプレイされた方も、そうでない方も
同じように楽しんで頂ければ幸いです。

そして新聞と飾り枠を作ってくれたムッシュに感謝。
お疲れさまでした。またよろしく。(私信)


ところでいい加減商業用のサイトを立ち上げようかなと
思ってます。バナーだけは作ったんですが。(意味ねー)

| お仕事 | 14:36 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

出身地は静岡なのか栃木なのか…。

栃木1

宇都宮名物「レモン牛乳」です。(笑)
前にケンミンショーで紹介されてたかも。

そんなわけで栃木へ行ってきました。
約11年ぶりの里帰り(?)です。
子供の頃住んでた家を見に行ったのですが、そのまんまの形で
綺麗に残っていて…だけど表札は全然違う人の名前で。
きっとこの家にはもう、その人だけの新しい生活があって。
寂しいような、嬉しいような、不思議な感覚でした。

まるで娘を嫁に出したかのような。

うん。これが一番しっくりくる。(笑)
出来れば長く家を使ってくれると嬉しいなあ。

栃木2

でもって、観光もしましたよ。世界遺産・日光東照宮です。
小学校の遠足で行ったはずなのに見事になんにも覚えてませんでした。
ところで東照宮はゾウの飾りがいっぱいあるのが不思議です。
色使いもアジアっぽいというか、大陸系の色彩だしなかなかエスニック。

栃木3

こちらは御神馬だと思われるお馬さん。大人しくてかわいい子。


と、ここまではほんの余興です。
実は大変なものを見つけてしまいました。


とあるおみやげショップにて…




どらた

なんかいた。

なんかいるよ。
どっかで見た顔が。
ちょっと顔がイっちゃってるよ。

しかも『ドラ太』て。
ここは中国か!?


ネコ1

ここにも見知った顔が…


ネコ2

でも名前はあくまで『ネコ』。
間違ってない…間違ってないが…。


帰った後、やっぱり買っておけば良かったかなとちょっと後悔。
そうだこれ友達のお土産にすれば良かった。(嫌がらせ…?)

それにしても日光は半端なく寒かったです。
深夜でも室温24度をキープしているマイルームに生息している
私にとっては極寒の地でした。浜松ってあったかいんだな…!
栃木4
栃木5

それでは最後に紅葉を。
ナイスなタイミングでベストなレッドリーフ(紅葉)が見れました。
あと寝泊まりやら何やらでお世話になったお家から戦利品として
うたわれのユズリキイラをお持ち帰りしてきたので後でアップします。
ハクオロさんハアハア。


ところで最近の私の日記はとても日記っぽいな、
と思っていたのですが…あれか。

遊んでるだけか。

| 日常 | 18:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

東京芸術劇場にて。

ドラマティック・カンパニーの「birthday~2008~」という
舞台を見に行きました。

P1020615.jpg

作・演出:TARAKO
主演:中尾隆聖、関俊彦
ゲスト:麻生美代子、渡辺菜生子、田中完
(敬称略)


気がついたらいつの間にか関さんファンの姉上がチケットを
取っていた(笑)ので便乗して初演を見に行きました。

声優さんの舞台を見るのはこれが初めてなのですが
笑いあり、涙ありのハートフルなお話でとっても面白かったです。
出演陣もサザエさんとアンパンマンとちびまるこちゃんという
夢のカオスっぷりで新鮮でした。(笑)

それにしても中尾さんがかっこよすぎます。
昔見た「タッチ」の1シーンで笑いながら泣く場面が
あったのですが、その演技を聞いて「こ、この人…本物だ!(?)」
と思ったものです。中尾さんの自然な演技がすごく好き。
私の中ではずっと永遠のポロリでございます。(笑)
(私と同年代でおかあさんといっしょを見てた人は分かるキャラ)
今回も泣きのシーンはヤバかった…!

関さん…は、すごくいっぱい語りたいのですが…
そうするとお話のネタバレになってしまうので控えます。
とにかく後半の迫力のある演技に圧倒されました。
見てるこっちまで緊迫した空気が伝わってくるというか…
役者って…役者ってすげぇな…!!
あと声はやっぱり関さんでした。(意味不明)

他にも色々、渡辺菜生子さんカワイーvとか
麻生美代子さんいい味出してるー、とか
川島得愛さんのまさかのオカマ役に惚れた、とか
感想は山ほどあるのですがキリがないのでやめておきます。
気になる人は是非見に行かれるといいですよ…!
大阪公演もあるようなので、東京は遠いわ~という方も是非っ。



拍手レス>
18時49分と54分にコメントを下さった方が同じ方でしたらスミマセン。
私の方では判断しづらかったので分けて返答させて頂いております。

 >セネル大好きですっ!お願いしますかいてください~
申し訳ありませんがリクエストは受け付けておりません。
でもセネルは最近のマイブームですのでよく描いてますよ。(笑)
時間があればまた落書きでもしますね。


 >アビスの緑っ子達を書いていただけないでしょうか~
申し訳ありませんがリクエストは受け付けておりません。
緑っ子は私も大好きですしアビスはアニメも見てますが
当サイトはレジェを中心に更新していきたいと思っておりますので
アビスに関する絵は当分描かない予定でおります。
気が向いたら描くかもしれませんが何より資料がないもので…(笑)
申し訳ありませんがご了承下さい。お問い合わせありがとうございました。

| 日常 | 12:46 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |